今年も田植えが盛大に終わりました
山口県のクロスワーク様が取り組まれた「擂り潰しもみ殻培地」を100%使った水稲の苗床を田植え機に載せて、いよいよ田植え開始です
t-4.jpg

これが今話題の「擂り潰しもみ殻培地」で育った苗です。
t-3.jpg

根っこの張り具合なんか市販の培養土に勝るとも劣らないでしょう?
t-7.jpg

原料はこれです。
見えにくいでしょうから、クリックして拡大写真で見てください。
t-6.jpg
まさに「これはもみ殻だ!!」と分かるでしょう?
トロムソのグラインドミルで擂り潰すことで、吸水性、保水性そして通気性を生むわけです。
t-5.jpg
播種機を改良すればこのように平らに敷き詰めることができます。
この秋には、美味しい新米を食べることができそうです。
その日を楽しみに、明日からまた「もみ殻利活用」を推し進めるもみがら君でした。
スポンサーサイト
[2010/06/11 08:42 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<もみ殻が地球を救う、そして農家も救う?? | ホーム | きれいな看板が出来ました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad