粒状モミガライト炭(ツブタン),世に出せるかも??
明るい窓際に並べた球根。
ツブタンのチカラで、花瓶の水をいつまでも澄んだ状態に保てるかどうか?を調べる実験です。
IMG_3386.jpg
このように、炭化モミガライトを砕いたものを、「ツブタン」と呼ぶことにしました。
原料は当然のこと、100%もみ殻です。
見ただけでは誰も信用してくれません。
IMG_3385.jpg
昔話で、和尚さんが知恵のある小僧さん「一休さん」に、灰で縄が作れますか?と尋ねたところ、一休さんは見事に灰でできた縄を作り上げ、それを見せた・・・という話があります。
灰で作ったのではなく、縄を燃やして灰の状態になった縄を見せた・・・という話です。
IMG_3387.jpg
ツブタンは、アンモニア性窒素の吸着能力が優れていて、試薬の活性炭の10倍以上だと分かっています。
数週間後に、おもしろい結果を発表できれば・・・と思っています。
スポンサーサイト
[2016/08/29 08:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<亀嵩(小説、砂の器の舞台)の、頭を垂れる稲穂 | ホーム | アンモニア性窒素の吸着?これは画期的!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad