田植え準備に欠かせない苗床つくり
この3月の北陸、東北地方でのデモのなか、やはり関心が強かったのは「苗床」に使う培土に、すり潰しもみ殻が使えること??でした。写真を大きくしてご覧ください、これがもみ殻だと分かりますか?
088.jpg
デモ実施期間中は簡易的な装置を準備し、いわば手作業での製造でした。
087.jpg
ある会場では、ブルーシートを大きく広げて、すり潰しもみ殻を山にしました。
019_20140327095559b8f.jpg
出来上がったすり潰しもみ殻を、早速、育苗トレーに移して水を加え、皆さんそれぞれの意見交換が始まりました。
017_20140327095558a49.jpg
全員が「まずは各々で試験的にやってみよう」ということで、コメ袋に入れて持ち帰られました。
楽しみです!!
018_201403270955587b4.jpg
この苗のように素晴らしいものが簡単に出来れば言うこと無し!!ですが、世の中、何事も失敗を繰り返してから達成するものです。
1農業新聞広告写真
ただ、育苗トレーに「床土」のみ、すり潰しもみ殻を使い、「覆土」には、市販されている「粒状培土」を使われている農家の方は皆「心配ない、、このやり方は速やかに全国に普及する・・・」と私達を喜ばせてくださいました。
スポンサーサイト
[2014/03/27 10:18 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アフリカ大陸でモミガライトが煮炊き燃料の主役に? | ホーム | 北陸、東北の多くの皆さんとお会いできました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad