非常用備蓄燃料【いっとかん】の使い方
もみ殻固形燃料モミガライトを使った、非常用備蓄燃料【いっとかん】の紹介です。
すべての画像をクリックしていただいて、おもしろさ?を体験してみてください。
P1030793.jpg
全国のモミガライト製造を行なわれている「全国モミガライト普及協議会」会員様が今、一番力を注いでおられる【いっとかん】ですが、蓋の真ん中にこのシールを貼り付けてあるものがモミガライトを使用した【いっとかん】の証明です。
IMG_2722.jpg
外観はこんな感じですが、地域によっては貼り付けたシールのデザインが異なります。
P1040029.jpg
さて、今から使用開始です。
出来る限り貼り付けシールは剥がしてください。
また、下部のガムテープも同様に剥がしてください。
裸にするとこんな感じで、下部の孔は通気孔です。
P1040027.jpg
上部の四角い蓋を取り、中にある着火材、火バサミ、鉄筋棒2本を取り出します。
P1040014.jpg
着火材に火をつけてモミガライトの上部に起きます。
火が点いた着火材に細切れのモミガライトを優しく載せます。
P1030810.jpg
しばらくすると細切れのモミガライトに火が移り、同時に火は容器の下に向かって進みます。
P1030841.jpg
長めのモミガライトに着火すると、そこからおよそ1時間、高い炎を上げて燃え上がります。
寒い時には取って置きの焚き火となります。
P1030859.jpg
このような感じで燃え盛ります。
P1030861.jpg
およそ1時間後、ほとんどの炎が落ち、今度は炭火状態が数時間続きます。
P1030933.jpg
暖を取るには十分な勢いです。
P1030955.jpg
災害時、インフラが壊滅した場合でも、寒さで冷たいお水が喉を通らないお年寄りの為に、暖かいお湯を差し上げることが出来ます。
【いっとかん】、あなたの家庭にひとつ、置【いっとかん】?
失礼しました!!
スポンサーサイト
[2016/01/27 10:23 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad